<在庫品>ウルトラクラッシュ ヒップ用ジェルパッドプロテクター HP

5,780円

在庫状況  26

  • 厚みとサイズ
購入数
転んでも痛くない!
レギンス派スカート派なら、ジャンプの練習時だけつけられます。
リンクサイドでかんたんに取り外しができるからオススメです。
初心者から、上級者まで。選手の方もご使用いただけます。

スケート専用に開発された、最新素材、最新技術が生んだウルトラクラッシュ ジェルパッド プロテクターの「ヒップ用」。両サイドに必要な場合は、2個必要です。

<特徴>
・従来の硬いパッドのプロテクターとは、全く違うものです。素材は、医療用レベルの高品質ジェル。大変しなやかで、ソフトで、柔軟性があり、ショックをしっかり吸収します。
・タイツやウエアにはさむだけですので(タイツを2重に履いている場合はタイツの間でも可)、ガードルタイプが苦手なお子様にも。
・ 今までのガードルタイプやサポータータイプは、パッドが固すぎて、フィット感がなく動きをじゃましましたが、これは、柔らかいジェルをタイツの間に挟むだけ(タイツでとめます)。体にフィットし、膝の動き、体の動きにしっかりとついてきて、従来のプロテクターと比べ、動きにくいなど、不快な着用感がありません。
・形状は、薄いプラスティックフィルムの中にジェルが入ってるようなものです。
・ジェルパッド自体に、張り付く力はありませんので、タイツかサポーターでホールドすることが必要です。
* 緩めのタイツを履いている場合は、タイツでパッドがホールドできませんので、ショーツが必要です。
・高価ですが(従来のものも同等に高価ですが)、それだけの価値はあり、シリアススケーターの間で、人気沸騰中です。もちろん、初心者の方にも、大オススメです。

<一番良いつけ方(ズレないつけ方)>
モニターにつけてもらい、いろいろと研究してみましたが、快適に、ズレにくくつける一番良い方法は、1枚タイツで直接肌につけるより、タイツ2枚重ね(一番一般的なスケーターのタイツの履き方です。フットタイツ+オーバーブーツタイツやフットレスタイツを2枚重ねて履きます)で、タイツとタイツの間に挟むと、よく固定されます。他のシリアススケーターの方たちも、タイツ2重履きでつけている方が多いです。
また、ささいなズレも気になる場合は、しめつけないタイプの長ショーツの下に挟むとしっかり固定されます。

<ご注意>
「薄手」は、ひざ用と同一品のため、パッケージの絵柄が、ひざ用の場合もあります。中身のご説明書は、ヒップ用をおつけします。

★サイズと選び方★ 

*「薄手」の在庫が足りない場合は、ひざ用ジェルパッドをお求めください(同一品です)

■【薄手】厚さ0.47cm
①薄手Sサイズ/14.6cmx18cmx0.47cm (5〜8才の小さなお子様用)(5.2 4.2)
②薄手Mサイズ/16cmx20.6cmx0.47cm (子供用)(5.6 4.5)
③薄手Lサイズ/18cmx23cmx0.47cm  (大人用)(7.4 6.4)

■【厚手】厚さ0.79cm
④厚手Mサイズ/16cmx20.6cmx0.79cm (子供用。34キロ以上)(8.1 7.2)
⑤厚手Lサイズ/18cmx23cmx0.79cm  (大人用。50キロ以上)(10.1 9.2)

<サイズの選び方>
*痛みの軽減という目的で、厚くて目だつのはイヤという方には、「薄手」がオススメです。
*ダブルス以上で、痛みを感じさせないところまでのショック吸収を目的とする場合(痛みの軽減以上目的の場合)は、「薄手」は、体重27キロまで。また、ダブルス以上で、痛みを感じないところまでのショック吸収をしたい場合は、「厚手」をオススメいたします。

★ポイントつき
★送料特典つき
★エクストラ割引特典つき




★★★お客さまの声★★★

『先日バッジテストがあり、初級ですが子供たちに交じって何とか合格しました。はるか昔に1級まで取ったのですが、内容がコンパルソリーばかりだったその当時とは全く違うので、「取り直しなさい」というインストラクターのすすめで思い切って受験しました。
合格できたのは、ひとえにジェルパッド様のお陰だと思っています。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。』(Nさん)

『私は使ったことがないのでわかりませんが、娘がいうには、「これ、本当に、転んでも痛くない」んだそうです。ジャンプ意欲的にがんばってるみたいです。良いものをご紹介いただき、ありがとうございました。』(Kさん)

『まずは試しに1枚購入してみて、とても良かったので、今回、追加しました。すごく調子いいですぅ』(Mさん)

             

この商品を買った人はこれも買っています

PICK UP ITEMピックアップ

もっと見る